自分好みのドレス

高砂席

冠婚葬祭とは、家族や親族間で行われる行事全般を指しており、4文字それぞれに意味があります。
その中の一つ、結婚に関わる人や、サービスについて以下に述べたいと思います。
ウェディングに関わる人で分かりやすい人は、ウェディングプランナーです。
ウェディング全般の提案をし、相談に乗ります。
また、一緒に衣装選びをするドレスコーディネーターも関わります。
フラワーコーディネーターは、ブーケや会場の装花、式まで花の鮮度を保つケアを担当します。
さらに、シェフはメニューの考案や相談を担当します。
式当日は、花嫁の身の回りの世話をする介添え人、ヘアメイク・着付けを担当する人や、司会者、シェフ、カメラマンなど多くの人が携わります。

次は、結婚に関わるサービスについて述べたいと思います。
しかし、ここでは物ではないサービスについてにしたいと思います。
まず、結婚式の知識やマナーについて説明してくれるサービスがあります。
また、ホテルなどでは、挙式・披露宴列席者に対しての宿泊予約サービス、送迎バスの手配サービス、さらに海外挙式の場合は、海外土産を予約し、宅配まで手配するといったサービスがあります。
従来結婚は、お互いの家族や親族のために行われることがメインでした。
しかし最近では、それぞれの新婚夫婦が求める式や演出をメインにという考え方など、少しずつ変化してきています。
これからは、その変化に応じた商品やサービスが求められてくるでしょう。